« 冬休み | メイン | サバの開き解禁! »

2012年12月24日 (月)

「パンク歌舞伎」

先日パンク歌舞伎なるものを観てきました。
パンクバンドと歌舞伎の融合。
音楽と舞台とかの合わせ方って選択肢色々で、
その分だけ広がれる可能性満載で面白く、価値観がぐわーっと広がる舞台でした。


そんなパンク歌舞伎の今回のテーマは古事記。
男が言うには「私の身体には余分なものがついている」
女も言う。「私の身体には足りない所がある」
男女のもつれや営みが直球で面白い。日本人昔から変わってねー!って思えます。
神のお話なのに人間臭くて、今も面白く思える普遍さ。
新しいもんばっか追いかけつつ、たまには昔を掘り返してみたいですね。
多分思わぬ掘り出し物って尽きることなく溢れてくるのかな。


そんなこんやで、昨日休日やったまっちゃんでした。
お店とは全く関係ない内容です。お粗末様でした。笑

ゆるり屋 まつお

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

山のもん海のもん ゆるり屋 のサービス一覧

山のもん海のもん ゆるり屋